読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

配分1:メガクチート&メガフシギバナ

詳細依頼があったので配分ここに書きます

 

メガフシギバナ 

f:id:kareno_ryokon:20150114062806p:plain

FutureGazer 

努力値:H220 B52 C52 D4 S180 @石

実数値:183 - x - 165 - 149 - 141 - 123 図太い

ギガドレイン ヘドロばくだん こうごうせい まもる

B 威嚇込A187メガガルーラの捨身タックル2耐え

C ヘドロばくだん→191-120メガガルーラ確3

S 準速キリキザン抜き

堅い、強い 正味今使うならこれだと思います

 

メガクチート

f:id:kareno_ryokon:20150114062742p:plain

Victorique 

努力値:H252 A52 S204 @石

実数値:157 - 145 - 145 - x - 115 - 96 意地っ張り

じゃれつく アイアンヘッド ふいうち まもる

H 強くて

A 可愛い

S 追い風込メガボーマンダ+2

このご時世クチートもS振らないとやっていけないのでSを追い風込で最速メガボーマンダ抜き抜き。クチートを1ターンでも長く見ていられるようにH全振りは当たり前。Aは正直これで十二分に足ります、威嚇込でもBに堅いニンフィアを落としに行くA全振りもいるらしいですがパーティコンセプトに合ってないので却下。

この型のメガクチート個人的にすごく強いと思ってます、今一わかってない人に分かり易く説明すると、僕はこの構築でクチートを:4倍弱点がなくなり、タイプ範囲優秀で、耐久も高めで、威嚇があって、めっちゃ可愛い、5世代の虫ジュエルハッサムのように運用しました。もちろんあちらこちら違がったりしますが、耐久、火力、素早さはほぼ一致します。

5世代BW末期~BW2に架け一世を風靡したAaronZheng君のハッサムの配分、僕も当時真似しました。(これは鋼のジュエルでしたが今回はより火力の高い虫のジュエル+虫食いで計算)

努力値:H172 A252 S84 

実数値:167 - 198 - 120 - x - 100 - 96

耐久: 物理20040 特殊16700 合計36740

火力: ジュエル虫食い40500

 

f:id:kareno_ryokon:20150210104412p:plain

メガクチート

努力値:H212 A92 S204 

実数値:152 - 150 - 145 - x - 115 - 96

耐久: 物理22040 特殊17480 合計39520

火力: じゃれつく40500

 

まあ、公開処刑ですね(笑)

劣ってる点と言えば技の命中率(当てればいい)、繰り出しにくさ(ハッサムも繰り出しにくい)、先制技の扱いにくさ(読めば問題ない)、くらいでしょうか。

これだけA削ってジュエル虫食い並の火力を無限に打てるクチート大好きです。

クチート軸のパーティをまだまだ構築していきたいので、一緒に考える人募集中です^^(twitter @ryokonVGCで声かけてください^^)

暇だったので当たり前なことを長々と書いてしまった...

【全国ダブル】メモ:ガブサンダー+サザンクチート+ギャラバナ 

f:id:kareno_ryokon:20150114062607p:plainf:id:kareno_ryokon:20150114062613p:plainf:id:kareno_ryokon:20150114062742p:plainf:id:kareno_ryokon:20150114062752p:plainf:id:kareno_ryokon:20150114062801p:plainf:id:kareno_ryokon:20150114062806p:plain

ドット絵の素晴らしさに気づいてしまいました。

個体無い訳ではありません、こいつらが強いと思っただけです。

 

戦績:34回あんぐらオフ4位

オフ2,3週間前くらいからずっと回しまくっていたのでかなり自信ありましたが、文字通りヴィクトリアまであと一歩足りず。

 

今回はありふれた面子なのでメモです。

構築経路はパメラさんの使用していたサンダーガブが追い風ガル環境に刺さってると思ったところからです。

ガブリアスは合計16試合中15回出しました。最強でした。(こなみ

 

あんぐらオフはいつも通りの安定した運営の中、思う存分楽しませていただきました、お疲れ様でした!

ガルニンフキザンを使ってるそこの君、その構築ガブリアス重くないですか?

【全国ダブル】構築メモ:砂スイッチ

バンギラス ドリュウズ メガボーマンダ ロトム水 クレセリア ニンフィア

f:id:kareno_ryokon:20140828191301p:plain f:id:kareno_ryokon:20141211021748p:plain f:id:kareno_ryokon:20141211021742p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409120900p:plain f:id:kareno_ryokon:20140828075621p:plain f:id:kareno_ryokon:20141211021751p:plain

 

この構築での最高+最終レート1820程 63勝21敗

f:id:kareno_ryokon:20141211023130j:plain

 

感想:並びは綺麗で数値も割と高いので結構気に入ってました。

砂+メガマンダが非常に相性良かったです。うまく組んであげればマンダ強いと思います。スタン系構築だと怪しいかな...

ちなみに僕は 陽気6v@捨身、流星、地震、守 と 無邪気@捨身、流星、大文字、守る 両方使ってました。どっちも強かったです、捨身打ってるだけですが。

恩返しやハイボはダブルではあまり使いやすい型ではないと思います。

 

構築自体は完成してます、でもガルーラ+ランド環境でバンドリは難しいですね、限界を感じました。

バンドリしてまで怯み狙うプレイングは僕には合ってなかった。

ブログが息してなかったので需要ある内に、少々適当ながら書かせていただきました。

 

【全国ダブル】ef(クレセクチートスイッチ)standard 〜A Fairy Tale of the Two〜

ef standard ~A Fairy Tale of the Two~

f:id:kareno_ryokon:20140828070238p:plainf:id:kareno_ryokon:20140828070251p:plain  f:id:kareno_ryokon:20140828070309p:plainf:id:kareno_ryokon:20140828070057p:plain f:id:kareno_ryokon:20140828070406p:plain f:id:kareno_ryokon:20140828070459p:plain

f:id:kareno_ryokon:20140828075555p:plainランドロス

慎重 努力値:H44 D252 S212 @こだわりハチマキ

f:id:kareno_ryokon:20140828075611p:plainボルトロス

陽気 努力値:H4 A196 B4 D52 S252 @いのちのたま

f:id:kareno_ryokon:20140828075621p:plainクレセリア

生意気 努力値:H212 B60 C164 D72 @オボンの実

f:id:kareno_ryokon:20140828075637p:plainクチート

意地っ張り 努力値:H252 A132 D124 @クチートナイト

f:id:kareno_ryokon:20140828075646p:plainマリルリ

勇敢 努力値:H244 A236 B12 D12 @とつげきチョッキ

f:id:kareno_ryokon:20140828075658p:plainヒードラン

冷静 努力値:H252 C252 B4 @ぼうじんゴーグル

 

第17回アリーナオフベスト16、大正義オフベスト16、第33回あんぐらオフ8-3で同立2位の予選落ち

 

久々の更新、今回はxy全国ダブルの環境で僕が気に入ってるパーティの紹介です。

環境トップのガルーラを自分では絶対使いたくないが同時に負けたくもない、と言う強い気持ちで組んだ構築です。

 

構築について

今回の構築の注目点はクレセ+ボルトのペアです。この2匹はクレセ+ランドでは厄介になり得るキリキザンやサザンドラを馬鹿力で処理したり、フリーフォール+トリックルームで相手を1匹連れ去りながらトリックルームを張り、素早さの速いボルトのおかげで2ターンの相手を封じている間にクチートを安全に場に出す等、クレセランドに負けず劣らず展開作りに優れています。

裏の選出はほとんどの場合、今回のメガ枠であるとても可愛いクチートになります。クチートは性質上スイッチ構築とはとてもマッチしており、優秀なタイプで相手の攻撃を1発耐え→高火力技+ふいうちで簡単に相手を倒す事が出来るためトリル下はもちろん、非トリル下でもかなりの活躍を見せます。

ボルト、ランド、クレセ、クチートまでは決定し、残る二体には元々眼鏡トリトドンと鉄球バンギラスを加え、Showdown!のレート2位を瞬く間に取りました。

スタンパーティを構築する上でクチートとの横の相性の良いポケモンを探すのにはかなり苦労しました。スタンダードパーティと言うものは元々単体性能がずば抜けている駒を集めているからこそ、薄いテーマ性でありながらも戦える構築なので個々の単体性能は横/縦の相性以上に大切になってくると思い、相性だけで言えば普通に強そうなトリトドンや(今の環境だと弱めな)バンギラスでもあまり単体性能が高くない事に不満を抱き、実際かなり悩みました。

単体性能が低いが故に非トリル下での活躍が見込めないトリトドンを先制技ある程度高い耐久を持つチョッキマリルリに変更し、サザンを受けるためにいたバンギラスの存在意義が無さすぎたのでトリル下の制圧とリザバナに対しての駒として噴火ヒードランを。トドン バンギ→チョッキマリルリ ドランにより一気にニンフィア耐性が高くなるのもポイント。マリルリにする事により非トリル選出でのランドロスが処理し易すいのもgood。

 

ランドロスf:id:kareno_ryokon:20140828075555p:plain

慎重

努力値:H140 A4 B4 D196 S164 @こだわりハチマキ

実数値:182 - 166 - 111 - x - 137 - 132

じしん いわなだれ ばかぢから とんぼがえり 

HB  +1珠キザンの不意打ち15/16耐え

HD  C194眼鏡サザンの竜星群15/16耐え

A  地震でH157B128水ロトムを+1ボルトの撃ち落とすと合わせて威嚇が入っても超高乱数1発

S  準速ドラン+3 無振り化身ボルト+1

努力値:H44 D252 S212 @こだわりハチマキ

実数値:170 - 165 - 110 - x - 145 - 138

じしん いわなだれ ばかぢから とんぼがえり 

HB  +1珠キザンの不意打ち1/2の確率で耐え

HD  C194眼鏡サザンの竜星群14/16耐え

A  地震でH157B128水ロトムを+1ボルトの撃ち落とすと合わせて威嚇が入っても超高乱数1発

S  準速キングドラ+1 

スカーフを持ってた時期もあったが、水ロトムを見るための撃ち落とす地震ギミックのために慎重鉢巻き型に変更。5世代の活躍にも劣らず強い型でした。

元々完成度が高い上の配分を使用していましたが、今作から天候ターンが5ターンに変更された雨パーティに対してトリックルームが切れた後のランドロスvs.雨無しキングドラが対面するビジョンが見えたため思い切って耐久をかなり削ってSに回しました。C161珠キングドラの濁流(シングルダメージでも高乱数で耐え)とか、持ち物無しハイドロポンプとか耐える+地震で確2なので雨が上がった状態ならタイマンで高確率で勝てます。アリーナオフ決勝トーナメント、あんぐらオフの予選で予想道りこのS調整のおかげで勝った試合があったので大正解でした。

 

ボルトロスf:id:kareno_ryokon:20140828075611p:plain

陽気

努力値:H4 A196 B4 D52 S252 @いのちのたま

実数値:155 - 160 - 91 - x - 107 - 179

フリーフォール ばかぢから うちおとす まもる

HD  C194サザンドラの竜星群15/16耐え

A  H216 B133 バレルを確2 クレセのサイキネと合わせて半減の実意外の全てのバレルを突破可能

S  最速

おそらく今回の構築で一番の地雷枠でありながらMVP。

特性負けん気による制圧力もありながら、サポート色も強めのポケモン。

この構築を見てクレセor悪戯ボルトのどちらかを使いS操作を行いクチートで殴る、'13年のげべぼさんの天地魔闘スタン系統のパーティだと勝手に思い込む人もいるため初手の負けん気の発動機会が意外と多いです。

クレセリアの苦手とするサザンドラ、キリキザン、バンギラス、ゲンガー、害悪キノコ達を牽制しつつクレセリアにランドロスの処理を安全にしてもらえる択の存在も含めこの2匹の初手選出が非常に強力。

特にクレセリアのトリックルームに合わせるボルトロスのフリーフォールは本当に強く、ボルトロスが相手の攻撃を避けつつクレセリアを妨害しかねない相手を1匹最大2ターン無力化できる。この無力化しているトリル1ターン目を見計らって非メガ状態のクチートを比較的安全に出す事も可能で、予想道り文句無しに活躍してくれた戦術だった。(*フリーフォールを使った相手がボルトロスより遅く、そのターンの終わりにトリックルームが張られた場合、次のターンボルトロスがその連れ去ったポケモンよりもトリル下で遅くなるため相手の行動を2ターン妨害できる)

撃ち落とすの採用理由は言うまでもなくパーティ全体で重い水ロトムの高速処理を行うため。技スペースが足りないため泣く泣く叩き落とすを切る形に。実は元々マリルリ ドランの枠にいたトリトドン バンギは普通に水ロトムと戦えたため撃ち落とすは採用してなかったのですが、こいつらを解雇して構築を身にしみる程水ロトムに弱くする事を許せたのはこの初見殺し要素のおかげだったり。

馬鹿力は現在環境トップのメガガルーラに素晴らしいダメージが入る上、キザンサザンバンギ等の悪タイプも1発で持って行けるため必須技。

フリーフォールによりこの指/いかりのこなを前提として戦う相手にはめっぽう強いです。

 

クレセリアf:id:kareno_ryokon:20140828075621p:plain

生意気

努力値:H212 B60 C164 D72 @オボンの実

実数値:222 - x - 148 - 116 - 174 - 81

サイコキネシス れいとうビーム てだすけ トリックルーム

HB キリキザンの珠はたき落とす耐え

C  残り

長い間C132達人の帯めざ格で楽しくキリキザンを狩りながらトリルをしてたのですが、やはりオボンが一番強いです。ラムのみ、悪半減のみ、霊半減のみ、ぼうじんゴーグル、カゴ、達人の帯、全部使ってみましたがやっぱりオボンでした。マリルリには我慢してもらいましょう。

手助けは元々鉢巻きボルトロスの叩き落とすと合わせてちょうどギルガルドを確殺する予定で仕込みましたが結局ボルトから叩き落とす自体なくなる事に。普通に強いのでそのまま使い続けてます。クチートのAをあそこまで下げても不意打ちと合わせてルンパッパを倒せるのはなんか申し訳なくなるレベル。

本当にクレセリアの安定感と言うものは美しいですね。カロスのサーナイトでトリックルーム張ろうとしてた僕が馬鹿でした。

 

クチートf:id:kareno_ryokon:20140828075637p:plain

意地っ張り

努力値:H252 A132 D124 @クチートナイト

実数値:157 - 134 (156) - 105 (145) - 91 (131) - x - 70 (70)

じゃれつく アイアンヘッド ふいうち まもる

HD  C161珠バンギラスの大文字15/16耐え 

A  手助け不意打ちで4振りルンパッパ、ファイアローを確1

スイッチトリパのために生まれてきたようなポケモンですね。

トリル下での制圧力は本当に凄いが、出すタイミングを間違えると非メガ時の耐久の低さ故にかなり寒い展開になり易い。

トリル無し選出時用のD確保をするため、Aを+1不意打ちで4振りルンパッパを確1まで下げた結果あのRさんと同じ配分にたどり着いた時の安心感。

自分の中ではメガガルーラに対して一番安定して戦えるポケモンだと思ってます。

ちなみに僕のクチートのvictoriquéちゃんはオフでトータル20戦程選出し、じゃれつくを外した事が1回もありません。

 

マリルリf:id:kareno_ryokon:20140828075646p:plain

勇敢

努力値:H244 A236 B12 D12 @とつげきチョッキ

実数値:206 - 110 - 102 - x - 102 - 49

じゃれつく たきのぼり アクアジェット はたきおとす

HB A215ランドロスのダブルダメージ地震高乱数2耐え

HD C178眼鏡ニンフィアのハイパーボイス確定2耐え C222珠ギルガルドのシャドーボール超高乱数2耐え

A  +1珠キザン不意打ち耐え霊獣ランドロスを滝登りで高乱1発 

対ランドロス要因として元々採用していたトリトドンの非トリル下のスペックがかなり低い事が気になり、クチートとの並びが強い他のポケモンを探していたところたどり着いた枠。チョッキを持たせる事によってC178眼鏡ニンフィアのハイパーボイスを2耐えしたり、サザンドラ、ヒードラン、雨などにも強く見事にに元々いたバンギラスの仕事を根こそぎ奪って行ったのには笑いました。

クチートとのダブル妖精編成となっていますがこの2匹は意外と相性が良いです。防御面ではクチートの苦手とする地面タイプ、ヒードラン、シャンデラ、ギルガルド、特殊水などの特殊アタッカー全般に対してタイプ的にも比較的強く投げれるチョッキマリルリ、そしてマリルリがオボンを持っていないため少しきつめのメガガルーラをメガクチートで見れます。攻撃面でもこの2匹だけでかなり広く見れます。

叩き落とすに関してはパーティ全体で重めのギルガルド意識です。トリル外では後攻でブレード状態を倒したり、トリル下では6割弱と良いダメージを与えながら珠などの持ち物を没収し優位に立てます。

全国ダブルのマリルリは本当に強いです。最近流行のトップメタに対してかなり刺さるのでこいつを軸に選出を選ぶ事が非常に多かったです。

アクアジェットがあるだけで対ランドロスが本当に楽になり易く、この枠の変更は大正解でした。

 

ヒードランf:id:kareno_ryokon:20140828075658p:plain

冷静

努力値:H252 C252 B4 @ぼうじんゴーグル

実数値:198 - x - 127 - 200 - 126 - 73

ふんか だいもんじ だいちのちから まもる

HC ぶっぱ

B  残り

逆に普通のヒードラン持ってなかったので噴火です。

リザバナに対してよく出しますが、めざ地だけは気をつけましょう。

 

雑感

個人的に可愛いクチートで納得いくパーティが出来て満足してます^^

実際オフ会ではメガガルーラ構築に対してはかなり良い勝率を出せたので、ガルーラは使いたくないけど、ガルーラ入りには勝ちたい!っていう方、是非試してみてください。

構築の弱点はボルトの電気技切ってるのでミロカロスやスイクンあたりですね、今のところ手助け+じゃれつくとかで強行突破していますが、キツくなってきたらクレセリアの手助け→日本晴れとか良いかなーって考えてます。

見返してみると前回の構築となんとなく雰囲気が似ててブログを書いていると自分のプレイスタイルへの理解が深まるメリットがあると思ったので、今後も気に入ったパーティは積極的に記事にして行こうと思います。次は、前からかなり可能性を感じてたメガハッサム軸かな(ガルーラ、ランド、ニンフィア、負けん気ボルトを起点に出来るのは強い)。今後も良ければ読んでください〜

 

やっぱり僕は全国ダブルが好きです。 終わり

 

*13年振りくらいに日本に帰ってきて友達いないので、ゲーセンでラブライブグッズ集めるのハマってるので一緒に遊んでくれる仲間募集中!♪ \(^o^)/

 

 

【カロスダブル】大会で使ったパーティ:自分用メモ

忘れてしまいそうなので主に自分用に載せておきます。なにかのきっかけになれば良いな程度で書いておきます。

 

1月 APEX

結果:9位

マンムー リザードンY ズルズキン ナットレイ ボーマンダ ロトム水

f:id:kareno_ryokon:20140409120816p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409120834p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409120824p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409120913p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409120844p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409120900p:plain

 

大会2日前に適当にひらめいた凍える風耐久マンムーとリザードンY軸の地雷パーティ。

ガブマンダ大杉てうざかったのでこご風マンムーを考えてメチャクチャ最強だと当時思ってました(笑)

ガブマンダがいなくなって一番動きやすく、尚かつマンムーとかなり相性の良いリザYで軸を作る。

ファイアローもうざくてロトム使うと逃げられるのでバコウの実ズルズキンで攻撃を釣り、半減の実+威嚇で珠ブレバを25%ほどに押さえて撃ち落とすで反動ダメージ込みで確定(命中100%)で落とすと言う超絶地雷入り。

マンムーはオボン持ちで晴れ下でロトムのドロポン2耐え調整。主要攻撃技は物理のため6Vわんぱく。

 

3月 Rさん主催アジアカップオンライン予選

結果:ベスト16

サンダー ガルーラ ボーマンダ ロトム炎 ナットレイ ガブリアス

f:id:kareno_ryokon:20140409121210p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409121223p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409120844p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409121302p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409120913p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409121334p:plain

 

レートで長く使ってたスイッチトリパのサーナイトが事故りすぎてポケモンやめたくなるレベルだったので自分から運ゲを仕掛けに行くことに。サンダーの電磁波で

ガルーラのサポートや麻痺を狙って行きます。種族値高すぎてロトム水には戻れません。これも実は大会1時間前にボックスから作り、自分はこの構築で初めてメガガルーラを使いました。メガガルーラ強すぎw

惜しくもあと一戦のところでアジアカップの出場権を逃す。

 

4月 マサチューセッツ・リージョナル

結果:5−3予選落ち

リザードンX メガフシギバナ サンダー ボーマンダ ギルガルド マリルリ

f:id:kareno_ryokon:20140409120834p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409121427p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409121210p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409120844p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409121440p:plain f:id:kareno_ryokon:20140409121448p:plain

 

当日まで使っていた構築(ライボサザン軸)と180度違う地雷パを前日の夜中12時に作りました()

ボーマンダとロトム大杉(笑)と思ったのでサンダー、そこに相性よさげなリザXとあとは取り巻き。最後にマンムー重すぎたのでメガフシギバナ。実際夜中のテンションで適当にダブルメガ構築にしたが、大会中マンムーに2回も遭遇し全てメガバナ軸選出により綺麗に4−0で勝て、ダブルメガの強さを実感できたのはかなりの収穫だった。リザXを3回選出しましたが全て負けましたw 完全に戦犯w

見た目は晴れパなので最近リザXが増えてきてるとはいえ、これは誰も読めないので進化した時の相手の表情を見るのがかなり楽しかったです。それだけでしたw 

 

見直してみると前日にパーティ作って大会で初めて回す率100%なのでそこをどうにかしたいですね(笑)微妙な結果しか残せてないので次こそは一つの構築を練りまくって良い結果を残したいです。それでは ノシ

【カロスダブル】第1回NYC Elite 4オフ 対戦レポート

使用パーティ:りょうこん雨(http://kareno-ryokon.hatenablog.com/entry/2013/12/25/122531

ニョロトノ

キングドラ

ライボルト

ローブシン

ランクルス

ナットレイ

 

どうもです、12月23日に行われたニューヨークのオフ会、NYC Elite 4オフの対戦レポートまとめておきます。私としては初めてのオフ会だったのですが、会場に着いてあたりを見渡すとAaron Zheng (Cybertron)さん、Trista Medine (Ryuzaki)さん、Ben Rothman (Nightblade7000)さん、Enosh Shachar (Human)さんなどと世界クラスプレイヤーばかりで、正直びびりました(笑)

対戦形式は8つのブロック分けでその中で総当たりをし上位2名、合計16人で決勝トーナメントが行われました。ブロックが発表されるとき強者を引かない事だけを祈ってましたが、なんといきなり同じブロックにTristaさんが...完全に\(^o^)/2位通過ならワンチャン! 状態でした(笑)

 

予選

1戦目:Chrisさん

ズルズキン  リザードンY

ロトム炎   フシギバナ

ガブリアス  ギャラドス

相手の初手ズルズキン+リザードンに対してこちらランクルス+ライボルト。リザードン守る読みでどっちに猫だましが入っても良かったのでボルチェン+トリックルーム選択。リザードンはメガ進化守るをし、ズルズキンは猫だましではなかったのでこっちはボルチェンでニョロトノを出し、天候を雨にしてランクルスはかみくだくで40%ほど食らいましたが、無事トリル張りに成功。後はランクルスを戻し再生力でほぼ満タンに回復させながらナットレイ+ニョロトノで暴れるだけでした。

1-0 勝ち

 

2戦目:WillyBooさん

ズルズキン  ヤドキング

ローブシン  デンリュウ

クチート   ファイアロー

こちらライボルト+ランクルス、相手ズルズキン+ヤドキングだったので、間違いなくライボルトに猫だまし+トリルだと思ったのでライボルト守る+トリックルームでトリル返し、という作戦に。だがなんと、ズキンがランクルスにかみくだく、ヤドキングがライボルト方面に熱湯でびっくりしました。トリルパに対してトリルをを張って上げてしまったが、ローブシン+ナットレイの両交換がうまく決まり、あとは二体で一掃した感じですね。

2-0 勝ち

 

3戦目:Trista Medine (Ryuzaki)さん

ボーマンダ  サーナイト

バンギラス  モロバレル

クチート   ロトム炎

この人に負けても良いように他の試合を頑張りました(笑)っていうのは冗談でこんな実力者と戦える事ができ光栄に思いました。初手はお得意のライボルト+ランクルスに対しryuzakiさんのボーマンダ+サーナイト。ボーマンダがスカーフでも流星群は耐え調整にしているのでボルチェン(マンダ方向)+トリックルームを選択しました。ボーマンダはスカーフ?(緊張しすぎててメモっていないorz)流星群をランクルス方向に打ってきて85%ほど入ってしまい、眼鏡か!っと思ったら急所で、さらにマジカルシャインの追い打ちをかけられましたが、無事オボンで耐えてトリル成功。ライボルトはナットレイにチェンジ。サーナイトは放置で良いと思ってボーマンダにジャイロボール+ランクルスをニョロトノに変えたらボーマンダが交代でモロバレルが出てきて、サーナイトがトリル返しをしてピンチに。

ここから試合にかなり集中してたのでメモがなくなってましたが、なんとかランクルスで再びトリルを張って、ナットレイ+ニョロトノで勝ったのは覚えてます。

3-0 勝ち

 

4戦目:Denzilさん

ゲンガー   ハッサム

サザンドラ  サーナイト

ウィンディ   ?

カロスダブルでは禁止ポケモンウィンディがいたのですが選出しなきゃいいよ〜、って感じで見逃しました。トノ+グドラの作業ゲーでした。

4-0 勝ち

 

なんとブロック予選1位通過!決勝トーナメントからは自分的に好きなBo3(3戦中2戦先取)だったのでかなり肩から力が抜きここから試合ができました。

 

 

決勝トーナメント

ベスト16戦:Jeremyさん

ファイアロー ロトム炎

ギルガルド  バンギラス

ガブリアス  ルカリオ

1戦目:

ファイアロー ロトム炎

ギルガルド  バンギラス

Jeremyさんがかなりフレンドリーな方で、パーティ相性もかなりフレンドリーだったので、楽しんでトノ+グドラしようと考えていたのですが、濁流で相手の初手ファイアロー+ロトム炎を倒した後バンギラス+ギルガルドに濁流をバンギ方面に外し、ドロポンもギルガルドに外し、気づいたらひるみ+外しでこちらローブシン対相手ギルガルドに(笑)。完全に予選抜けで浮かれてました(笑)

 

2戦目:

ファイアロー ロトム炎

ギルガルド  バンギラス

相手は雨に対してなにもなかったようで、また同じ選出でしたが、今回はきちんとプレイしてドロポン2回外したものの、勝ちました。

 

3戦目:

ガブリアス  バンギラス

ギルガルド  ルカリオ

相手ガブバンギに対して、こちらトノグドラ。ニョロトノの方が遅かったので天候は雨に。ガブリアス交代読みで濁流+ガブ方向にドロポンで相手の裏の鋼を2体倒し、後は天候を雨に戻してトノグドラでした。

 

ベスト8戦:名前メモするの忘れました

メレシー   バクオング

デンリュウ  ドサイドン

ランクルス  クチート

 

1戦目:

デンリュウ  メレシー

ランクルス  ドサイドン

こちら初手ナットレイ+ローブシン対相手のデンリュウ+メレシー。メレシーが岩フェアリーだと忘れていて、ローブシンがドレインパンチをメレシーにして40%ほどしか入らず、ナットレイはアイアンヘッドをデンリュウ方向に。今考えれば意味不明な行動ですね(笑)。メレシーはトリルを張って、デンリュウはメガ守る。ナットレイでメレシーを処理し、火炎ブシンのドレマッパでデンリュウをごり押し、トリル切れるとこを見てトノグドラでしめました。

2戦目:

クチート   ランクルス

デンリュウ  ドサイドン

こちら初手ライボルト+ナットレイでクチート守る読みのアイアンヘッド+ボルチェンの集中が決まり、裏のニョロトノのドロポンがあたってくれ、クチートを処理した後はトリル切れを待ってトノグドラでドサイドン+デンリュウを倒す。

 

ベスト4戦:Xylinaさん

マリルリ   ルカリオ

リザードン  エレザード

ニャオニクス ガブリアス

 

1戦目: 

 マリルリ   ルカリオ

リザードン  エレザード

パーティ見た瞬間運営側に駆けつけて敗者復活戦の詳細を聞きに行きました(笑)

これは私のパーティを100%殺すためにあるんだな〜て思いながら、ルカリオがこの指+マリルリ腹太鼓。対戦ありがとうございました。

 

何故ガブリアス、ロトム、ボーマンダ、ガルーラの対策が全くできていないパーティがベスト4まで来るんですかー、って感じでした。

 

負け惜しみはさておき(笑)、一応2戦目取り返して3戦目もなんだかんだ惜しい試合でしたが、マジでこの人はどうやってガブとかロトム炎/水をくぐり抜けてきたのかな?って感じでした(笑)

 

*ちなみに私を倒した後のこの方の試合です:www.youtube.com/watch?v=XctWKtnlSPs

 

 

敗者復活戦決勝:Aaron Zheng (Cybertron)さん

ガルーラ   ロトム水

ボーマンダ  ハッサム

ガブリアス  ファイアロー

 

1戦目:

ガルーラ   ロトム水

ファイアロー ガブリアス

対戦相手を聞いた瞬間やばい!マジか?!、と驚きしかなかったです。去年世界3位の超有名実力者アーロン君とまさかバトルできるとは(≧∀≦) 

アーロン君のパーティは一度キャスで拝見した事があり、一応対策しながらパーティを組んだつもりだったのですが、1戦目は相手に先制技をうまく使われ、あっけなくプレイングで負けてしまいました。

 

2戦目:

ガブリアス  ロトム水

ガルーラ   ファイアロー

T37G-WWWW-WWW4-PL86

前の試合でガブリアスがハチマキである事を確認し、耐久もかなり振ってることを考慮し、相手はガブを動かしてめざ氷を耐えつつ地震でライボルトを落としにくるとピンポイント読みをする事に。手助けはまだ見せてなかったので、手助けめざ氷で初見殺しが決まって、アドを取る。後は動画でどうぞ。

 

3戦目:

ガルーラ   ロトム水

ファイアロー ガブリアス

PEGG-WWWW-WWW4-PL8U

おそらくガブリアスはもう初手にこないと読み、なら1戦目でうまくいったガルーラ+ロトムで来ると予想し、初手にローブシン+ライボルトを。

 

なんとアーロン君に勝ち3位決定戦へ!正直もうこの時点でかなり満足してましたのですが、次の相手はまたまた有名強者のBen Rothman (Nightblade7000)さん。

 

 

3位決定戦:Ben Rothman (Nightblade7000)さん

プテラ    ロトム水

クチート   リザードンY

ガブリアス  モロバレル

 

動画からどうぞ:www.youtube.com/watch?v=Sa_BrDDQ-MA

Benさんがかなり面白くて優しい方で、対戦中も楽しみながら試合ができました。この試合でランクルスの神秘が欲しいと一番思いました。

3戦目の最後、メガリザードンがニョロトノの水技を弱体化するためにメガ進化する読みあまごい(決まっていたら多分勝っていた)でしたが、メガ進化せず、後から聞いたら何となく進化しなかった、とか(笑)

さすが、世界クラスのプレイヤーのカンは半端ないですね。

  

ここで私の大会が終わり、なぜか3位候補の方が帰ってしまったそうで私が3位になりました。結果として初めてのオフ会にしては良い成績が出せたのではと思っています。色々な方と繋がりも持てて、すごく充実した1日でした。これからは対雨ピンポイントパーティに負けないようにスタンですね。

1位のSoulSurさん、2位のBen Rothmanさん、おめでとうございます!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

【カロスダブル】りょうこん雨 ~アメリカNYC Elite 4 Tournamentオフ3位構築~

初投稿となる今回の構築は私、りょうこんがニューヨークの NYC Elite 4 Tournament と言うオフ会で使って3位になった雨スイッチパーティです。かなり大規模な大会でAaron ZhengさんやRyuzakiさんなどアメリカ人強者が勢揃いなとんでもないオフでした(笑)

 

f:id:kareno_ryokon:20131222150758p:plainf:id:kareno_ryokon:20131223002239p:plainf:id:kareno_ryokon:20131222150853p:plainf:id:kareno_ryokon:20131222150943p:plain   f:id:kareno_ryokon:20131222151053p:plain   f:id:kareno_ryokon:20131223030528p:plain

 

ニョロトノf:id:kareno_ryokon:20131223003120p:plain

冷静

努力値:H188 B116 C180 D20 @いのちのたま

実数値:189 - x - 110 - 146 - 123 - 67

ハイドロポンプ れいとうビーム あまごい まもる

H 10n-1

B メガクチートのじゃれつく高乱耐え

C 雨下球ドロポンでメガクチート高乱1発

雨始動員+トリックルームアタッカーとして働いてもらう。雨でナットの護衛もできるため単発選出もかなり多め。雨下球ハイドロポンプは等倍ならガブリアスほどの耐久を高乱で落とす。

 

キングドラf:id:kareno_ryokon:20131223003046p:plain

控えめ

努力値:H4 C252 S252 @こだわりメガネ

実数値:151 - x - 115 - 161 - 115 - 137

だくりゅう ハイドロポンプ りゅうせいぐん れいとうビーム

H  残り

CS ぶっぱ

雨ミラーは少ないと読んだので性格は控えめぶっぱでメガネ持ち。今の環境ではミラーが少なく雨対策が緩めなので刺さりやすく、イージーウィンを狙える高火力。ナットレイとの相性補完が素晴らしい。

 

メガライボルトf:id:kareno_ryokon:20131223003104p:plain

臆病

努力値:H108 C148 S252 @ライボルトナイト

実数値:159 - x - 100 (80) - 174 (144) - 100 (80) - 205 (172)

ボルトチェンジ オーバーヒート めざめるパワー まもる

H 控えめボーマンダの流星群確定耐え

C H4振りファイアローをボルトチェンジで確1

S 最速

選出率、先発率共に1位。初手にランクルスなどと並べる事により色々な展開を作れる優秀なポケモン。雨にめんどくさく海外で流行ってるメガリザードンYにもある程度強いところも評価できる。オーバーヒートは雨の苦手な草タイプ、めざ氷は安定のガブリアスさんに良いダメージが入るので役割範囲は広い。ただ使用回数が多いだけに種族値の低さは多々実感する。

 

ローブシンf:id:kareno_ryokon:20131223003125p:plain

勇敢

努力値:H20 A244 B96 D148 @かえんだま

実数値:183 - 210 - 127 - x - 104 - 45

ドレインパンチ マッハパンチ 空元気 みきり

H 8n-1 

A 全振りとほぼ変わらないため

B 残り

D ロトム水の眼鏡ハイドロポンプを超高乱耐え

現環境鬼火が多いのでそれを無視できる物理アタッカー。火傷空元気は不一致とは思えない火力が出ます。火傷空元気の決定力指数はあのメガガルーラのおんがえしとほぼ同じ。

 

ランクルスf:id:kareno_ryokon:20131223003100p:plain

生意気

努力値:H244 B148 D116 @オボンのみ

実数値:216 - x - 114 - 145 - 132 - 31

サイコキネシス てだすけ トリックルーム ひかりのかべ → しんぴのまもり

H 12n (3n & 4n)

B 残り

D メガリザードンYの晴れオーバーヒート耐え

自分は運がとても悪いので常に上から攻撃する事をパーティ内で意識している。なのでスイッチトリルパーティのトリックルーム要因はトリックルーム下以外でも素早いサポートがないと評価が低い。ランクルスは手助けによりトリックルーム外でも素早いサポートができ、耐久もかなり高いのできちんとトリックルームを発動してくれる。初手にライボルトと並べる事により威嚇を撒きつつ手助けめざ氷/オーバーヒートでガブやモロバレルを倒せる。ボルトチェンジ+トリックルームからのスイッチもできる。地味に特攻が高いところも頼もしい。大会では光の壁を使っていたが、神秘の守りのほうが楽な試合が多い。

 

 

ナットレイf:id:kareno_ryokon:20131223003113p:plain

勇敢

努力値:H252 A252 B4 @こだわりハチマキ

実数値:181 - 160 - 152 - x -136 - 22

ジャイロボール アイアンヘッド パワーウィップ シャドークロー

HA ぶっぱ

B  残り

裏のエース。パーティと相性が抜群+現環境にブッ刺さりと言う事で大体こいつが一番仕事します。スタン系統に多いガブ、マンダ、メガガル、バンギ、ロトム水を全てほぼ確1にする暗殺マシン。メガリザードンやファイアローにも75%程入るので雨+トリックルームさえ揃っていれば殴り勝てます(笑)

 

基本選出

ランクルス+ライボルト:大体の相手には思考停止でこの選出が安定する。5世代のクレセランド的な動きができる。ボルトチェンジからのスイッチ、手助けからの高火力などできる事は多い。裏は大体ナットレイ+ニョロトノ。

 

ニョロトノ+キングドラ:相手に刺されば積極的に攻めて行ける並び。電気、草の一貫性は後発のナットレイやライボルトでケアできる。裏はライボルト+ナットレイなど。

 

ライボルト+ナットレイ:リザードンが初手に来やすいため、ナットレイを置いてリザードンのメガ進化ねっぷうを釣りつつナットレイ→キングドラ、ライボルトはボルチェン→ニョロトノで雨状態のトノグドラを降臨できる。少々リスキーな手なので基本Bo3でしかしない。

 

地面と電磁波の一貫が無い事が強い先発の条件だと自分は考えている。雨パーティに対して地面は初手で出てきづらく、避雷針+鈍足で電磁波も打たれないので安定した立ち回りができる。

 

雑感

本当は雨は使うのも相手にするのも嫌いなのですが、上から叩いて運要素を自分から消して行ける所やアメリカでは日本以上に雨対策が薄いと感じたので作ってみることにしました。基本上から高火力で殴ってれば運負けはしづらいのでその点スイッチパーティは強かったです。結果雨はまだまだ使えると実感しました。メガライボルトはスタンに入れると微妙としか感じなかったのですがこのパーティでは真価を発揮してくれました。

初のオフ会でしたが多くの名プレイヤー達と対戦する事ができ、良い経験でした。世界3位のAaron Zhengさんや日米戦でおなじみのRyuzakiさん、Ben Rothmanさんなどとも対戦ができたのでその対戦レポートは後日書きたいと思っています。これからもよろしくお願いします。